なんのこと?「WEB会議・電話会議」と「バーチャルオフィス」

なんのこと?「WEB会議・電話会議」と「バーチャルオフィス」

資料の共有が可

電話会議とWEB会議、それぞれの違いについて触れていきましょう。
まずはWEB会議ですが、WEB会議の特徴は資料共有ができるところです。音声だけではなく、PC画面を共有したりして離れた場所でも同じ資料を見ながら会議をできるというのがWEB会議ですね。現代の会議において資料は必要不可欠で、口頭だけの会議も珍しいでしょう。
会議において資料は当たり前の存在ですが、例えばPCのソフトを用いてプロジェクターでのプレゼンをするといった場合にその場にいる人たちは問題ないですが、その場にいない人たちにはその画面が見えなければプレゼンも何もありません。そんなときにこのWEB会議の出番です。

WEB会議を利用することで、本来ならその場にいる人達しか見ることのできなかった資料を、遠く離れた地から会議に参加している人たちにもちゃんと視覚的な資料として共有することができます。百聞は一見にしかずですよね。喋るだけで説明するよりもわかりやすくするための資料なのに、全員が見れなければ意味がありません。
それを、距離関係なく共有できるようにしたWEB会議のサービスは素晴らしいと思います。